USJ進撃の巨人ザリアル2017の「鎧の巨人」の場所と待ち時間・混雑!


USJのクールジャパン2017の大人気アトラクション

「進撃の巨人・ザ・リアル」のフォトオポチュニティとして登場の「鎧の巨人」

2015年はエレン&女型巨人の戦闘シーンの等身大、2016年は壁の巨人が等身大で飾られており、

その横には捕食巨人でのフォトオポチュニティがありましたが、今回は更にパワーアップしています!

鎧の巨人の等身大フォトオポチュニティは「15m」というとてつもない大きさの鎧の巨人に

捕まえられる瞬間を写真に収めることができる内容となっていますが、

今回はそんなクールジャパン2017で目玉のフォトオポチュニティ「鎧の巨人」についてまとめていきます!!

USJ進撃の巨人・ザ・リアル2017「鎧の巨人」の内容

スポンサードリンク

2017年よりパワーアップして開催されるクールジャパンですが、

その中で今回の「進撃の巨人」はまた一味違い、鎧の巨人が登場します。

鎧の巨人はアニメでいうシーズン2にて登場する新しいタイプの巨人。

2017年より放送開始のため、マンガやゲームを読んでいる方にしか存在が知られていない巨人でもあります。

今回、そんな鎧の巨人が等身大となり、さらには「フォトオポチュニティ」となって登場というのは初めての試み。

以前までのフォトオポチュニティは「捕食巨人」であり、等身大のフィギュアとは別に隅っこの方で

頭部のみの等身大で再現していたのです。

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2

しかし、今回は全体像での等身大とだけあり、人気は依然よりも高くなるでしょう。

そんな等身大の鎧の巨人はゲストを巨大な手で鷲掴みにしようとしている瞬間

いわば襲われる瞬間をフォトオポチュニティとしてクールジャパンエリアにて撮影&購入が可能となっています。

等身大の鎧の巨人がある場所について

さて、鎧の巨人はクールジャパンエリアにあるといいました。

その場所はというと、行ったことのある方はもうご存知かと思いますが、

入り口であるエントランスからちょっとだけまっすぐ進むとすぐに右手に「コインロッカー」と「トイレ」が出てきます。

左手には「三菱東京UFJ銀行ATM」がありますが、この左手側を進んでいくとすぐにクールジャパンエリアとなります。

最初にあるのは「名探偵コナン・ザ・エスケープ」があり、

そのまま道なりに進むと右側の広場に大きな空間があり、その空間に等身大の鎧の巨人があります。

別ルートですと、入り口からまっすぐ歩いていき、左右にショップが並ぶ道を通過します。

すると、交差点の一角に「4Dシアター」がありますが、この4Dシアターがある側の交差点を進んでいくとクールジャパンエリアです。

クールジャパンという看板などもありますので非常にわかりやすいかと思います。

USJ鎧の巨人フォトオポチュニティ

ここを通過して道なりに進むと、左側に鎧の巨人が登場します。

2015年、2016年でいう「エレン」「壁の巨人」があった場所に鎧の巨人がいるので、是非襲われに行きましょう!!

フォトオポチュニティって無料なの?

USJ進撃の巨人

鎧の巨人のみを撮影することは可能ですが、鎧の巨人との写真撮影は自由にできるものではありません。

フォトオポチュニティというのは撮影する機会を提供する場所という意味となり、

クルーの写真撮影スタッフによって、自身の持つ携帯などで写メを1回撮影し、

その後、クルーの使うカメラ機材による撮影を1回の計2回の撮影を行います。

これによって待ち時間・混雑がどうしても回避できなくなってしまうのですが、

撮影したからと言って「有料」となるわけではありません。

最初に行う「自身の機器で撮影」に関しては無料となっており、

万が一2回目のクルーの機器による撮影した写真が気に入った場合、

写真撮影後に特製のフォトフレームに写真を含めて購入することができます。

もちろん、断って無料で写メをゲットすることは可能ですし、気に入れば購入するのが良いですが、

大体の方は「無料」で写真撮影を終えている方が多い傾向にあります。

値段が値段ですから仕方ない事ですが、フォトフレームに細工がされていたりと、

思い出になることは間違いありません。

人数が多いと分けられる場合もある

基本的には多いのは2人での撮影となるケース。

4人でももちろん可能ですし、3人という奇数人数でももちろん撮影は可能です。

しっかりとクルーである調査兵団の指示に従って撮影をしましょう。

ただし、あまりにも人数が多いと鎧の巨人の手のひらに収まりきらないので、別れる場合もあります。

今まで見た中で4人までOKだったのは確認できているので、それ以上はもしかしたら別になるかもしれません。

鎧の巨人の混雑予想

スポンサードリンク

2017年の新しいクールジャパンフォトオポチュニティである鎧の巨人は去年よりも混雑するといえます。

それは、年々上昇中のUSJ人気、そして2017年にアニメ放送される進撃の巨人の

人気増による影響は少なからずあるのではと思われます。

他に「シンゴジラ」という新アトラクションや初の「エヴァンゲリオンライド」、

モンスターハンターアトラクションなどなど目白押しなのです。

ただし、この鎧の巨人はあくまでもフォトオポチュニティ。

アトラクションではないので、混雑と言っても長時間の待ち時間があるわけではありません

しかし、並ばないと写真撮影出来ないので、時間に余裕のある時でないと撮影は出来ないかもしれません。

平日は基本的に全日混雑しない傾向にあり、休日は混雑しやすい時間帯である昼・夕方前頃は少し待つこともあります。

鎧の巨人フォトオポチュニティの待ち時間について

鎧の巨人のフォトオポチュニティは混雑しやすい傾向にあります。

やはり写真を撮影できるという環境はとても人気が出やすく、特に進撃の巨人は等身大というリアルさがあるので、

朝から夜まで誰かしら撮影を行っている状況になります。

しかし、心配は要りません!!

鎧の巨人フォトオポチュニティに限らず、フォトオポチュニティには待ち時間が存在しますが、

過去の進撃の巨人フォトオポチュニティのデータから見ても「約10分程度」の待ち時間が多いです。

混雑していなければすぐに撮影できますので、2分~3分程度で撮影できますし、

かなり混雑しているときでも20分~30分見ていれば間違いなく撮影できます。

撮影には「自身の機器での撮影」と「クルーの機材による撮影」の2回撮影があるから時間がかかり、

撮影する人数による立ち位置の構図などを考えてからの撮影となりますので、

1人(1グループ)あたり約1分~2分かかるのです。

その後は流れ作業で撮影した写真の確認&購入場所に移動しますので問題ないのですが、

スムーズにいった場合の撮影時間ですので、若干の誤差が出る場合もあります。

では、おさらいします。

◎鎧の巨人フォトオポチュニティの待ち時間予想

空いている時間帯:1分~5分程度

混雑している時間帯:20分程度(30分待つことはほとんどない)

平均待ち時間:10分~15分程度

襲われる写真でなくても良いなら並ばなくても撮影は可能

鎧の巨人フォトオポチュニティは鎧の巨人によって襲われる瞬間を写真に収めることが出来ます。

しかし、待つのも嫌だし注目を浴びて撮影するのも嫌だな・・・という方に関しては、

撮影場所よりも背後又は斜めに立ち、鎧の巨人のみを撮影することも可能です。

ですが、クルーや他のゲストが写真を撮影するために、鎧の巨人のみを写真撮影することは難しいです。

タイミングを見計らって写真撮影するとうまくいきますが、なるべく混雑していない夜の時間帯などを狙うと良いでしょう。

1番はUSJという素晴らしい空間で少しの時間と恥を捨てて一緒に写真を撮ってしまうのが良いですよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ