USJトラウマ3のネタバレ無し感想!!1番怖いというのは本当かをお伝えします!!


USJのハロウィンには欠かせないアトラクションとなった「史上最恐」と呼ばれる「トラウマ」。

15禁指定されているこのアトラクションは「有料」での体験となりますが、

連日大賑わいなのは間違いありません。

そんなトラウマに、2017年、過去1番の体験時間となり、

怖さも最恐といわれる「トラウマ3」が登場しました!!

管理人の私は過去の「トラウマ」「トラウマ2」とすべて体験してきたこともあり、

2017年の「トラウマ3」も楽しみですが、全てを体験したからこそわかる、

「トラウマ3」の怖さとネタバレ無しの感想を「ギリギリのライン」でお話させていただきます!!

スポンサードリンク

トラウマ3は原点回帰!?

USJハロウィンホラーナイトトラウマ2

トラウマ1は「ウォークスルー型」と言われる自身の足を使い、

クルーの誘導とともに道を進みながら体験するアトラクションでした。

そしてトラウマ2は1とは全く違い、「ウォークスルー」ではなく、

1人1人が個室に入り、ベッドに座らされ、手足を拘束された状態で

「VRゴーグル」を使用しての体験方法でした。

これは賛否わかれ、個人的には「トラウマ1」の方が怖さとグロさと嫌悪感は勝っていたと感じています。

しかし、今回のトラウマ3は「原点回帰」といえる「ウォークスルー型」となり、

パーク史上最長となる「約35分間」という長さの中、恐怖・グロと戦うことになります。

これは間違いなく2017年のトラウマ3は「当たり」といえる内容でしょう。

初めての方は「強要型」と呼ばれるアトラクションには参加されて事がないかと思いますが、

基本的に「拒む」ということはできず、クルーにより「指示される」ことがあれば、

怖くても嫌でも前に出て指示通りの事をするということになります。

もちろん、本当にダメであれば「ギブアップ」もできますので安心を!!

有料チケットは早めに購入を!!

このトラウマは有料のチケットが必要となります。

平日やあまり混雑していない日にちですと、当日券も購入が可能なのですが、

ハロウィンに近い日にちや土日となると、当日券の販売がない場合もあります。

なので、できるだけ事前に「公式サイト」にて購入することが大事です。

実際に私、管理人もハロウィンに近い日に入場したことがあり、

急遽トラウマを体験したくなってチケットを買いに行きましたが、

すでに完売ということがありましたので、事前購入をオススメします。

遠方の方は「トラウマ3」のチケットが含まれている

ハロウィン専用エクスプレスパスの購入を検討してみると良いでしょう。

かなり人気なので、行きたい日が決まったらすぐに購入しましょうね!!

トラウマ3のネタバレ無しの感想!!

ここからはトラウマ3のネタバレ無しの感想となります。

ネタバレは禁止となっているので、ネタバレをすることはできませんが、

ネタバレにならないギリギリのラインを攻めてお話をしていきますので、ご注意ください。

なお、トラウマ3のネタバレ無し感想については「9/9」の体験後に記載します。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ