クリスマスはUSJ!ハリポタや天使のくれた奇跡以外もアツい!


クリスマスといえばイブを含めて1年の中で大事なイベントとして挙がる重要な2日間ですよね!

彼氏や彼女、家族でどこに行こうなどと考える方も多いかと思います。

そこでオススメするのがUSJ!!クリスマスのUSJは激アツです!

特に2016年は特別で、多くの来場者があるでしょう。

今回はクリスマスのUSJ情報をお伝えします!!

雰囲気も最高なテーマパーク「USJ」で大事な日を過ごしてみませんか?

クリスマスのUSJはアツい!!

スポンサードリンク

クリスマスといえばやはりデートスポットなどを思い浮かべるかと思いますが、

USJももちろん最高なデートスポットとされています。

そんなUSJがクリスマスに向いているとされる理由をいくつか挙げていきます。

ハリーポッターエリアがクリスマス仕様に!!

USJクリスマスハリーポッター

USJのハリーポッターエリアは今でも人気ですが、

ハロウィンのデスイーターイベントに引き続き、クリスマス仕様になります。

これはクリスマス仕様というと、ハリポタエリア内のホグズミード村をはじめ、

ハリポタエリア全体にクリスマス電飾やリースなどの飾りつけが行われ、

目の前の景色は雪が降らないUSJとは思えない程「冬」を感じることができる内容となっています。

また、目の前だけでなく、頭上の高い煙突なども注意深く見ると、しっかりと飾りつけがされています。

それに加えて、USJ内にギネスを記録するクリスマスツリーがあるのとは別に、

このハリポタエリアでも魔法界のクリスマスツリーが用意されています。

このハリポタエリアの魔法のクリスマスツリーは

魔法(マジカルワンド)によってクリスマスツリーに変化が起きます。

当然、他にもホグズミード村での飾りつけなどもマジカルワンドにて動いたりと、

USJパーク内では感じる事の出来ない、魔法界だからこそのクリスマスを味わう事ができます。

あとは定番のバタービールは冬の「ホット仕様」といった前年から引き継がれるものも多く、

新しく登場するフードなども存在するので、クリスマスはUSJがアツいのです!!

特に夜の時間帯のハリポタエリアは「デート」に最高なスポットとなりますよ!!

ただ、個人的にはホットバタービールは「甘さが強い」と感じます。

天使のくれた奇跡

天使のくれた奇跡は毎年開催されている冬の一大イベント。

世界最高のクオリティと言われるUSJの冬を飾るショーは大人気で、クリスマスは大混雑。

特にクリスマスに最高と言われる理由としては、

生声で披露される鮮やかで華麗な演出を魅せる天使のくれた奇跡は圧巻そのもの。

歌声を披露するのはイギリスにてオーディションで選び抜かれた少年ソプラノ歌手によって披露されます。

基本的には1日2回開催され、クリスマスイブ・クリスマスは「17:35~」「19:45~」から20分程の2公演となります。

また、天使のくれた奇跡は基本的に有料チケットの購入にて有料席で見ることが基本となります。

有料チケットは「特別鑑賞エリア」「特別鑑賞エリア~プレミア~」があり、

プレミアは入手が困難となり、クリスマスはすぐに売り切れますので、

チケット販売開始日に購入することが必要となるといえるでしょう。

普通の「特別鑑賞エリア」のチケットは少しだけ時間に余裕はありますが、

出来れば10月の初旬ごろには購入を進めた方が良いでしょう。

また、無料で鑑賞できるエリアはグラマシーパークの左右にある大通りから観覧できますが、

早めに場所を確保して座って待つなりをすることになります。

USJ天使のくれた奇跡

場合によっては立ち見となることもありますし、大混雑で見づらいこともあるので、

出来れば有料チケットを利用して間近で見ることをオススメします。

これを見てクリスマスの雰囲気をより味わうと良いでしょう。

なお、2016年の天使のくれた奇跡に関してはこちらの「公式チケット購入ページ」にて購入してください。

2016年からはクレジットカードが無くても、現金での購入も可能となっていますよ!!

ジョイ・オブ・ライツで最高の思い出に!!

スポンサードリンク

ジョイ・オブ・ライツとは天使のくれた奇跡とは別に「18:30~」「18:45~」を基本とした、

クリスマスには欠かせない「スクリーン上に映されるメッセージ」のイベントです。

大事な人へのメッセージや家族への感謝の気持ちなどなど、

普段は言えないようなことをこの大型スクリーンを通じてメッセージを映すことで、

最高の思い出を分かち合う事ができます。

メッセージに関しては募集を行っており、自身が映してほしい日程の11日前までに

USJの公式メッセージ募集欄にて募集し、希望する日程の3日前に当落が決まります。

受かった場合は実際にUSJのジョイ・オブ・ライツにて投影されることになります。

なので、12月24日に投影されたい場合は「12月13日 23:59まで」に応募し、

12月25日に投影されたい場合は「12月14日 23:59まで」に応募する必要があります。

クリスマスにUSJに行き、こういったメッセージをスクリーンに映すことができれば、

もしかしたらカップルになれるかもしれないですし、結婚できるかもしれないですし、

より愛が深まるなんてことも実際にあるでしょう!!

その日の夜はUSJ公式ホテルで・・・なんてこともいいのではないでしょうか。

なお、2016年のジョイ・オブ・ライツの応募についてはこちらの「公式応募コーナー」にて応募してください。

USJ内のギネス認定クリスマスツリーは2016年で最後!!

USJクリスマスツリー

USJではギネス認定となるクリスマスツリーを所持しており、

その内容は「人工クリスマスツリーに飾る電飾の数」で、なんと飾られる電飾の数は「53万4280球」とされています。

しかし、これをみられるのは2016年までとなっており、2017年からはこのギネス認定のクリスマスツリーは見られなくなります。

なので、特に2016年のクリスマスはUSJをオススメしているのです。

クリスマスツリーと一緒に映える「天使のくれた奇跡」と「ジョイ・オブ・ライツ」があり、

これらをすべて見られる機会はもうないですから、ツリーも目当てに行くには「2016年」がオススメなのです。

このツリーの前にはかなり多くの人が集まり、中々記念撮影をすることが難しいですが、

周りのゲストに頼めば写真撮影をしてくれますし、セルカ棒もUSJは持ち込み可能なので、

最高の記念を味わう事ができますよ!!

ミニオンサンタにも会える!!

USJミニオン

USJのクリスマスのショーでは「サンタ」をベースとしたショーが開催されます。

そのショーではサンタのコスプレをした様々なキャラが登場します。

人気のミニオンサンタなどもいるので、寒いクリスマスの日も

「サンタのマジカル・サプライズ」を観れば暖まる間違いなし!!

クリスマスのUSJは「日中」も「夜」も楽しめること間違いなしなのです!!

クリスマスの待ち時間・混雑について

USJクリスマス混雑

やはりクリスマスなどに限定すると多くなることが考えられますが、

それでもハロウィンなどのイベントよりは「寒さ」があるので多い中でもゲストは少なめ。

しかし、2016年は「12月23日(祝金)」「12月24日(土)」「12月25日(金)と言う事で、怒涛の3連休となります。

と言う事から、2016年のクリスマスは激混み状態と予想されますので、

事前にエクスプレスパスなどを購入するなどして、余裕時間ができるUSJを楽しむのが良いでしょう。

ずっと外で待ち時間を消費していると「風邪」を引いてしまっては意味がないので、

なるべく暖かい格好をして、寒くなったらレストランなどに入る様にしましょう。

ただ、例年のクリスマスは混みますが、通常の土日のゲスト人口に少し多くなった程度なので、

入場規制がかかるほどの激混みとはならないでしょう。

ただ、ゲストは夜までUSJに滞在することも多くなるので、

夜になっても待ち時間がいつもより長いという状況になることは考えられます。

ハリポタエリアなどはクリスマス仕様になっていますから、朝から整理券を入手し、

ハリポタエリアへの入場時間は「19時・19時30分頃」を選ぶと、暗くて幻想的で、

少しだけゲストも減りつつある時間なので、狙い目と言えるでしょう。

寒いと思ったらバックドラフトへ!!

USJバックドラフト

クリスマスのUSJは海の風などもありますから、体感気温も低めとなります。

雪こそ降らないものの、体の芯から冷える大阪の冬は意外とキツイものなので、

USJで待ち時間を消費している間はかなりきつく、カイロなんかは必需品です。

コートの中も徐々に冷えが襲ってきますから、冷えてきて寒いなと思ったら、

アトラクションを楽しむがてら寒さ対策として「バックドラフト」を体験しましょう。

バックドラフトの待ち時間はクリスマスであっても長くなることはあまりありません。

また、バックドラフトは炎を使用したアトラクションなので、中では熱いと感じる程の炎が襲ってくるので、

短い時間とはなりますが、暖かさを感じることができます。

終ったらそのまま向かい側にある「ハピネスカフェ」でご飯などを食べて暖まってもいいかと思います!!

USJハピネスカフェ

ただ、あくまでもバックドラフトによる暖かさは数分で終わるので、気持ち程度と考えてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ