戦国ザリアルat大阪城の期間はいつまで?気になる内容とチケット情報!


USJとのコラボ企画と言う事で、2016年~2017年にかけて開催される限定ショーの「戦国ザリアル」。

大阪城を舞台に戦国時代を飾った名将の「真田幸村」をメインとした

ショーを大阪城の西の丸庭園にて開催されますが、期間の詳細や内容、

そしてチケットの詳しい情報などをこちらでわかりやすくご紹介していますので参考にしてください!

戦国ザリアルat大阪城の期間はいつまで?

スポンサードリンク

戦国ザリアルat大阪城は大阪城の西の丸庭園にて開催されるので、

正直「USJ」とは関係はないのですが、USJとのコラボとして期間限定のショーとなっています。

期間は2017年からではなく「2016年12月16日(金)~2017年3月12日(日)」までの56日間での開催となっています。

約2か月間分の日数ですが、実質は3か月間程の期間にて楽しむことができます。

しかしこの期間中、開催されない日にち・開催時間が異なる日もありますので、以下をご覧ください。

戦国ザリアルat大阪城の開催日と開催時間

戦国ザリアルでは毎日開催ではありません。

また、開催日によっては「開催時間」が異なる場合もあるので、

以下にて簡単にわかる表をご覧ください。

開催回数は「1日2回」であり、いずれも夕方からのショーとなります。

「赤色」の文字である前半は「1回目 17:30~18:00」「2回目 19:15~19:45」

「青色」の文字である中盤は「1回目 18:00~18:30」「2回目 19:45~20:15」

「緑色」の文字である後半「1回目 18:30~19:00」「2回目 20:15~20:45」

*日にちが書いていない日は「定休日」です。

12月の開催日スケジュール

          16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

1月の開催日スケジュール

1

2 3 4 5 6 7
8 9       13 14
15         20 21
22         27 28
29            

2月の開催日スケジュール

          3 4
5         10 11
12         17 18
19         24 25
26            

3月の開催日スケジュール

          3 4
5 6 7 8 9 10 11
12            

戦国ザリアルat大阪城の内容とは

戦国ザリアルat大阪城

戦国ザリアルat大阪城は「戦国時代最後の名将」と言われている「真田幸村」をメインとしたショー。

内容としては「大坂冬の陣」を描いた真田幸村の生きざまを描いたショーとなります。

大坂の陣である「大坂冬の陣(1614年)」と「大坂夏の陣(1615年)」の最初に行われた

「西の豊臣」「東の徳川」の世紀の大合戦が行われた最初の「大坂冬の陣」をテーマとしたもの。

豊臣とは「豊臣秀吉」の三男として生まれた豊臣秀頼軍の事で、

生まれた時から豊臣秀吉の後継者とされており、秀吉が亡くなった後の大坂城の跡継ぎともなっています。

一方で徳川は名将「徳川家康」による「徳川幕府」と言われる江戸幕府が

大阪の豊臣方との戦をすることを決意し、結果的に勝利した「東の徳川」。

豊臣秀吉は家康よりも前に「日本一」と言える天下をとり、家康は秀吉の下にいたのですが、

秀吉が亡くなり、大坂城の跡継ぎとなった秀頼は大坂城にて多くの資産と権力を持っていました。

しかし、秀頼が大きくなる前に徳川家康は江戸幕府を開いており、

天下を狙っていたのですが、元々は徳川家康は秀頼側である豊臣方との戦は望んでいなかったともされ、

後に大きな資産と権力をもつ秀頼側と徳川側の二重公儀体制を図ろうとしていたといい、

西は西で豊臣秀頼による政権、東は徳川家康による政権によって「西」と「東」で別々で支配しようと考えていたといいます。

しかし関ヶ原の戦い以降に起こった方広寺鐘銘事件(ほうこうじしょうめいじけん)という

徳川家康にとって「豊臣秀頼」からの呪いの言葉ともいえる事件をきっかけに

豊臣方を滅ぼすことを決意したと言われています。

もちろんそれまでにも大坂城を襲撃するきっかけはあったようです。

それにより、「大坂冬の陣」が始まるわけですが、大坂城側では有力な武士である真田幸村を筆頭に

真田幸村最後の戦いである「大坂の陣」が始まります。

今回は「大坂冬の陣」がテーマですが、大坂城側は大坂冬の陣が始まる前から

準備はしていたものの、戦力的に不利な状況でした。

徳川サイドは20万人を引き連れ、一方の秀頼側は9万人という倍以上の戦力を持ち

大坂城へ襲撃を仕掛けてくるわけですが、大坂城側では籠城(ろうじょう)での戦を作戦に、

外から攻めてくる徳川と中から守る籠城作戦の秀頼での攻防戦が続くのです。

大坂城側の真田幸村は大坂冬の陣の前に築いた「真田丸」と題した「出城」をつくり、

当時は防御力最強と言われた要塞の大坂城の弱点を防ぐことが出来ました。

そんな大坂城の弱点を穴埋めした真田幸村の考えはかなり鋭く、

真田丸からの攻撃とワナにより、徳川サイドの「前田勢」が壊滅状態となり、

徳川サイドは真田丸への攻撃をやめて弱点への攻撃も諦めます。

しかし、徳川サイドは資金や権力は最強クラスのため、

非常に優秀な大砲を持っており、射程距離が長い大砲を直接城へ向かい

数日にわたって撃ち続けました。

ただ、最強の要塞である大坂城の弱点をつぶされたことで、

見事に射程距離が長い大砲も防ぐのですが、数発が城内に入り込んだのです。

これはのちに豊臣サイドに圧力を与えました。

ただ、これほどのダメージしかないとされた豊臣サイドは勝利を確信したといい、

真田幸村の作戦とアイディアによる真田丸と真田幸村は徳川サイドにとっても、

偉大な脅威ともなり、これがのちの「名将」として名が知られる理由の1つとなっています。

ただ、この最強の大砲を打ち続けた徳川サイドの1発の大砲によって

城壁を破って淀殿と言われる豊臣秀吉の側室である茶々の寝ている部屋が破壊され、

その部屋にいた侍女に命中したことが脅威となり、淀殿が心折れたこともあり、

毎日打ち続けられる大砲の怖さを感じた豊臣サイドが徳川との和解を求めます。

これで和解することになりますが、和解の条件は「真田丸の撤去」が入っていました。

「真田丸の撤去」と「大坂城の外堀の撤去」により圧倒的不利な状況を強いられる豊臣方だったのです。

しかし、この「真田丸の撤去」という事が「真田幸村」が名将と言えるとてつもない武将であると言う事を知らしめたのです。

大坂城を守るための最強の武将である真田幸村の壮絶な戦の模様がこの

戦国ザリアルat大阪城にて、大坂城を舞台にリアルに再現されているのです。

なお、大坂冬の陣はこれまでですが、

大坂城の最強の防御力となっていた外堀の撤去と真田丸の撤去によって

大坂城が丸出しになり、防御力が全くなくなった大坂城は

次の年である1615年の大坂夏の陣にて再び徳川方が豊臣方を襲撃し、

最終的には大坂城をつぶされてしまいます。

また、真田幸村は1615年6月3日の大坂夏の陣にて徳川方まで攻め込み、

豊臣方の圧倒的な戦力として徳川サイドを脅威に導いたことが、

現代においても伝説の武将の1人として崇められています。

これらは細部にわたる実際にこのようなことがあったという話で、

真田幸村について知りたい方はこちらを読まれると更にわかります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

真田幸村大阪冬の陣 夏の陣【電子書籍】
価格:360円 (2016/10/23時点)

この戦国ザリアルat大阪城ではこの大まかな真田幸村の闘志を

最新技術や炎演出などのリアルな再現で楽しむことができますよ!!

ちなみに、真田幸村像は大阪府大阪市天王寺区玉造本町の宰相山公園にある神社

「三光神社」にて銅像が展示されています。

大坂城から徒歩20分程で到着しますので、開催前又は開催後に見に行ってみてはいかがでしょうか。

チケット情報

スポンサードリンク

チケットに関してはUSJとのコラボと言う事で、USJのWEBチケットストアをはじめ、

ローソンチケット、JTBエンタメチケット、チケットぴあ、イープラス、YAHOO!チケットにて発売されています。

簡単に購入したい方は「ローソン」のロッピーにての購入をお勧めしますが、

ネットでの購入をしたい方は「WEBチケットストア」を経由して購入すると良いです。

チケットの値段に関しては「開催日・開催時間」に問わず一律料金となっており、

USJも楽しみたいという方に関しては「USJ1日入場券」がセットになったチケットを購入すると通常より割引での購入もできます。

チケットの種類と値段に関しては以下をご覧下さい。

◎単体チケット

  12歳以上 4歳~小学生まで
SS席 3480円 2480円
S席 2980円 1980円
A席 2480円 1480円

USJ1デイチケットセット

  12歳以上 4歳~小学生まで
SS席 10480円 6980円
S席 9980円 6480円

A席

9480円 5980円

これらの注意事項として、3歳以下でも「席が必要」というお子さんは

子供料金での入場券が必要となります。

また、チケットを購入した場合、変更やキャンセルはできません。

USJとのセットの場合、USJへは戦国ザリアルat大阪城の翌日又は翌々日でのUSJへの入場券となります。

USJの後日に大坂城へ行くことは出来ませんので注意しましょう。

なお、席を決めることは出来ませんが、各エリア表に関しては以下の通りとなります。

戦国ザリアルat大阪城

USJとのセットチケットはどれくらいお得なの?

USJ

上記ではUSJとのセットチケットの値段もご紹介していますが、どれほど安くなっているのかの記載がありません。

なので、こちらでUSJのチケットがどれほど安くなっているのかを調べてみました。

USJの1日入場券の値段は「大人 7400円」「シニア 6650円」「こども 4980円」です。

ここから計算すると「戦国ザリアルat大阪城単体チケット+USJ1日入場券単体」で購入する場合と、

セットで購入する場合は以下のような差額となります。

SS席+USJ1日入場券の場合

大人:400円(セットの方が安い)

シニア:350円(セットの方が高い)

子供(4歳~11歳):480円(セットの方が安い)

S席+USJ1日入場券の場合

大人:400円(セットの方が安い)

シニア:350円(セットの方が高い)

子供(4歳~11歳):480円(セットの方が安い)

A席+USJ1日入場券の場合

大人:400円(セットの方が安い)

シニア:350円(セットの方が高い)

子供(4歳~11歳):480円(セットの方が安い)

このような結果となりました。

そうです、値段はセットの方が少しだけ安いと言えるのですが、

シニアである65歳以上の方は実は「単体での購入の方が安い」のです。

理由は戦国ザリアルat大阪城とUSJ1日入場券のセットは「大人/シニア共通」だからです。

本来のUSJの1日入場券のシニア料金は大人料金よりも安くなっているのですが、

セットにすることで大人と共通の値段となるので、割高となります。

セットだから気軽に入場出来る手間を省くことは出来ますが、金銭的には実はマイナスなのです。

セットでの購入は「別々に買わないので手間を省ける」と言う事ですが、

デメリットは場合によっては金額が高くなる又はほぼ安くならないことに加えて、

戦国ザリアルat大阪城の翌日又は翌々日にUSJに行かなければならないという決まりがあります。

別々に購入すると少しだけ金額を多く支払う事が多いですが、USJには自身の都合の日に合わせることができますし、

もちろん戦国ザリアルat大阪城も自身の都合の良い日での入場が可能です。

つまり、戦国ザリアルat大阪城とUSJのセット券はほぼ「旅行者向け」と言える内容で、

どうしても安く買いたい方や旅行者ではない方であれば無理にセットで購入する必要はありません。

少しの手間をかけることになりますが、自身の都合を考慮すると、単体での購入の方がメリットとも言えます。

戦国ザリアルat大阪城までのオススメアクセス方法

最後に、戦国ザリアルat大阪城での専用駐車場についてですが、

設備されてはいませんので、戦国ザリアルat大阪城を楽しむ方は公共手段にて行くことになります。

最寄り駅は以下の通りとなります。

  • 大阪市営地下鉄谷町線 天満橋駅または谷町四丁目駅
  • 大阪市営地下鉄中央線 谷町四丁目駅または森ノ宮駅
  • JR環状線 大阪城公園駅または森ノ宮駅
  • 京阪電鉄 天満橋駅

オススメは「谷町線 谷町四丁目駅」からがオススメです。

いずれにしても徒歩15分程はかかりますのが、どこからのアクセスもしやすい事といえますので、

自身の近い場所から大阪城を目指してみましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ