USJのクリスマス時期に適切な冬の服装とは!?気温と対策!!


最高のクリスマスを求めてUSJに行きたい方は多いかと思います。

関東はディズニーで関西はUSJ。

ですが、今では全国からUSJに行きたい人が多くなりました。

しかし、USJに行った事が無い方は冬のUSJはどれくらい寒いのか気になる方もいるはず!

そこで今回、USJのクリスマス時期となる冬の服装や、気温と対策などをご紹介します!

人気が出てきたUSJのパーク内での過ごし方などについてもまとめましたので、

是非参考にしていただければと思います!!

冬のUSJは芯から冷える寒さ!!

スポンサードリンク

冬のUSJと言っても、大阪だしそこまで寒くは無いんじゃないの!?と思う方もいるかと思います。

しかし、実際には体感気温はかなり冷え込むといえます。

管理人である私は元々北海道出身ですが、それでも冬のUSJの寒さは結構ツラく感じています。

USJなどのテーマパークとなると待ち時間が存在し、外で待ってアトラクションを体験しますので、

待っている時間などをトータルするとほぼ1日中外の冷たい気温と向き合う事になります。

そして、大阪などの関西の冷えは「体の芯から冷える」ような寒さとなることが多いです。

肌が直接的に冷たくなったり、感覚がなくなってきたり、まつ毛や眉毛が凍ったりなどの事はあまり無い印象で、

中へ中へと寒さが伝わってくるという寒さのため、北海道に住んでいた時とあまり服装は変わらないです。

気温がマイナスになることはほとんどないから大丈夫だろうという安易な考えではUSJ内で後悔するかもしれません。

USJの冬の気温

冬のUSJの服装

USJは大阪府大阪市北区にあるので、大阪市の気温のデータを見ることになります。

大阪市の冬は先ほども言った通り「マイナス」に行くことは無く、寒くて2℃~3℃を保ちます。

また、暖かい日に関しては13℃程になることもあり、日中は比較的日差しによって守られる日もあります。

まずはUSJのある大阪市の冬の気温データを見ていきましょう。

  最高気温 最低気温 平均気温
11月 18℃ 10℃ 14℃
12月 12℃ 5℃ 9℃
1月 10℃ 3℃ 6℃
2月 10℃ 3℃ 6℃

このような気温データとなりますが、この中で日々気温は変化します。

クリスマス月を含む約4か月間のデータですが、12月の気温は比較的暖かい気温といえます。

ただ、寒い時、クリスマスは1月に近いので、昼は「10℃」あればよく、夜は5℃あれば良い方と言えるでしょう。

しかし、降水量はクリスマスの月である12月は1年で1番降水量が少ない月なので、

快適な環境といえば快適な環境ともいえる日が続きます。

ですが、冷え方が「芯から冷える」と言う事があるために、体感気温は低く感じることが多いです。

冬のUSJに適切な服装とは

冬のUSJの服装

冬のUSJでは暖かくて10℃以上、寒いと3℃~5℃というのがデータですが、

体感気温はこれより低く感じ、芯から冷える感覚があるためにどうしても寒いと感じることが多いです。

また、北海道などと比べると寒さレベルは低いですが、お店などに入っても特別暖かいことはありません。

北海道などはお店に入ると暑すぎるくらい暖房が設定されていますが、

私はお店に入ってもアウターを脱がないこともあるくらいの暖房設定となります。

脱ぐ方も多いですが、暑いから脱ぐという感覚にはなりづらいと感じています。

また、USJでは人気が出てからは待ち時間も長くなりつつあるので、

どうしても長時間外に出てても大丈夫な服装が求められます。

特に大阪市の中でもUSJは海と近いことから、浜風なども入ってきますので、

風が強いこともあり、通気性のある服装だと風によって冷えることも考えられます。

なので、あまりにも前側が開いたような服装も少し気を付けるべきでしょう。

ファッションも大事ですが、体調管理には気を付けるべきです。

男性の場合

スポンサードリンク

男性の場合は暑がりな方もいますし、そもそも薄着で十分という方もいます。

あまり厚着していては動きにくいからなどという場合、あまり着込まなくても耐えられることは耐えられます。

しかし、いつでも対応できるように小物のアイテムである「マフラー」「ジップパーカー」「カイロ」は持っておくと良いでしょう。

また、お店に入って暑くなったなどという場合や、アウターがいらなくなったという場合でもロッカーはあるので、

少し厚着をしても対応は可能となっています。

◎男性の服装の基本例

インナー→1枚(ロンT)又は2枚(七分+カーディガンやシャツ系)

アウター→コート系・パーカー(薄い場合はさらにコートやジャケットもアリ)

ボトムス→厚手であれば基本なんでもOK・薄手はインナーパンツもオススメ

靴→ブーツ(エンジニアなどは少し重いので△)・ハイカットスニーカー

*基本的に歩き回ることを考えた上での服装が良いです。

*ニット系でもいいのですが、暑くなった時の対応が可能な服装がオススメ。

*小物アイテムは好みでOK。(風が強いこともあるのでハットなどは少し注意)

*インナーはヒートテックなどがあると効果は高め。

女性の場合

女性の服装も男性とあまり変わった点はありません。

ただ、USJと言う事で、冷えなどには気を付ける為に腹巻などをするのも良いですし、

足を冷やさないようにレギンスなどを上手く使う事をお勧めします。

また、ヒールなどの方も多いですが、足場はあまり良くないのでオススメしません。

寒いのが苦手という方であればインナーとアウターの間にカイロを挟んだり、

ポケットにカイロを入れておいて、手を冷やさないようにするなどは徹底した方が良いでしょう。

◎女性の服の基本例

インナー→キャミソール+ニット系やロンTやワンピースまたはシャツ系+ニット系

アウター→コート(ロング丈で動きにくくなければOK)(あまり前側が全開しないものが良い)

ボトムス→ジーパンやカラーパンツ又はタイツ+厚手スカート(ガウチョパンツなど)

靴→ブーツ(長めでもいいが、ヒールが短いのが良い)(ムートンもOK)・スニーカー

*出来るだけヒールは無い又は短いのが良い。

*基本的に街に出る服装と変えなくても問題はない。

*出来れば小物であるマフラーや手袋、場合によっては耳当てなども。

*コートは脱ぎやすいようなコートがオススメで、長くても動きづらくなければOK。

USJのクリスマス時期の冬の対策

冬のUSJの服装

USJのクリスマス時期となると長時間の外の滞在は寒いというほかありません。

体の冷えはお店に入るなどをしない限り取れることはありませんので、

出来るだけ効率よく回れるように「レストランの予約」や「エクスプレスパスの購入」はしておく方が良いでしょう。

また、服装に関しては基本的には街を出歩く服装と変えずにOKですが、

歩き回ったり、お店に入ったり、アトラクションを体験すると言う事があるので、

脱ぎやすいアウターを着ておくことが大事です。

また、カイロなどは持っておくと便利といいますか、必要不可欠とも言えます。

待ち時間はどんどん寒さが襲ってきますので、出来るだけ手やお腹や腰や足など、

冷えやすい部分をカイロで間接的に暖めるのも良いでしょう。

ブーツであれば、ブーツの足先の上部に小さいカイロを張り付けるのも効果的です。

また、USJは気温が比較的高めでも風が強いと言う事があるので、

露出している肌の部分が冷やされてしまう事もあります。

なので、小物アイテムを活用して露出部分を少なくする工夫はしておく必要があります。

寒い時期のUSJはあまり混雑しないので、待ち時間の影響は多くないですが、

クリスマスやクールジャパン開催直後は冬真っ盛りですし、混雑する事が大いに予想されますので、

脱げる格好で、なおかつ普段の服装に少しだけ暖かさが出る工夫をすることが大事と言えるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ