USJクールジャパン2017進撃の巨人4D2のネタバレと感想!


USJクールジャパン2017にて大人気アトラクションとなっている「進撃の巨人ザリアル4-D:2」。

初日から大盛況で2016年の人気を上回るほどですが、

こちらでは進撃の巨人ザリアル4-D:2のネタバレと感想についてまとめています。

初日に行くことは出来ませんでしたが、1月14日にて体験した内容と感想をお伝えしていきます!

なお、ネタバレに関しては閲覧は自己責任となりますので、万が一見たくない場合は

下にスクロールしていきますと「感想」を書いていますので、そちらを見て下さい!!

1月14日(土)にUSJへ!!

スポンサードリンク

USJのクールジャパン2017は「2017年1月13日(金)~6月25日(日)までの期間で開催されていますが、

初日は平日のため、1月14日(土)というクールジャパン開催直後の繁忙日にUSJに行ってまいりました!!

大阪でも1月ですと気温は低いため、寒い中での朝から待機です。

朝から行く理由としては4Dシアターでは「二部上映」とされており、

一部目である進撃の巨人ザリアル4-D:2は「朝から昼過ぎまで」という時間制限があるために、

進撃ファンなどは寒い中、調査兵団のコスプレをしている人も多いんですよ!!

もちろん、中でコスプレなどのグッズも売っていますので、中で購入することもできます。

休日となると混雑は凄いので、朝7時頃からすでに結構な人がゲート前にて待機しています。

全てが4Dシアターを狙って入場待ちしているわけではなく、

多くは「フライングダイナソー」「ハリウッドドリーム」「エヴァンゲリオンXRライド」などのライドです。

しかし、それと同様に進撃の巨人ザリアル4-D:2も混雑します。

管理人である私は「エクスプレスパス」を購入しているので、朝から行かなくても問題ありません。

時間指定されており、体験時間内にアトラクションに向かう事でスムーズに体験することができます。

特にクールジャパン開催時期はクールジャパン限定アトラクションが混雑しやすく、

進撃の巨人ザリアル4-D:2やシンゴジラは時間も限定されているためにエクスプレスパスの効果は大きいです。

整理券の配布は激レア

進撃の巨人ザリアル4-D:2

進撃の巨人ザリアル4-D:2、シンゴジラは混雑状況によっては整理券の配布もあるとありますが、

1月14日(土)という混雑日でも整理券の配布は無いので、整理券の配布はほぼないといえます。

ゴールデンウィークあたりにもしかしたらあるかもしれませんが、2016年は無かったので2017年も恐らくないでしょう。

なお、万が一ですが、整理券の配布がある状況は「大混雑」しているときですので、

朝から行かないと間違いなく整理券の配布は終了しますのでご注意ください。

とはいっても、当日にならないと「整理券を配布するかはわからない」と言えるので、

どちらにせよ朝から行くことになるといえますが・・・。

進撃の巨人ザリアル4-D:2の混雑状況

スポンサードリンク

1月14日(土)というこの混雑日での進撃の巨人ザリアル4-D:2のスタンバイ列はこのような状況に!!

やはり毎年大人気なため、非常に混雑しています。

「4Dシアター」の正面に並んでいるのは「体験間近」の人たちで、

一般スタンバイ列(並び列)は4Dシアターの横から奥にかけてズラーっと並んでいます。

4Dシアターがこのように混雑するのは「クールジャパン」の時くらいです!!

ちなみに、平日でも奥の方に並びますが、迷路状態にならない並び方でドンドン前に進みますので、

少し待てば入り口前まで来れます。

また、4Dシアターで並ぶ際には「屋根」があるので、雨の日でも安心して待つことができます。

なお、進撃の巨人ザリアル4-D:2の待ち時間に関してはこちらの「進撃の巨人ザリアル4-D:2の待ち時間攻略」にて

詳細と攻略法が書かれていますのでこちらを参照ください。

エクスプレスパスの時間指定でいよいよ体験!!

エクスプレスパスは事前購入で各アトラクションの時間指定(選ぶ)をし、

その時間内にてアトラクション入り口まで行けば一般列の隣にあるエクスプレスパス専用入り口にて

一般列の先頭まで行くことができます。

これがないと逆に1日でクールジャパンのアトラクション制覇は難しくなるので、

出来れば購入しておきたいところです。

ではでは、さっそくエクスプレスパスを4Dシアター入り口にて見せて入場へ!!

ここからは進撃の巨人ザリアル4-D:2のネタバレとなります。

100%とは言えないかもしれませんが、内容を公開していますので、

あくまでも自己責任にて見るようお願いします。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ