USJクールジャパン2017進撃の巨人ザリアル4D2待ち時間攻略!


2017年のUSJ最長イベント「クールジャパン」にて

3度目の登場の恒例の大人気アトラクション「進撃の巨人」。

2016年までも「シアター」「等身大」といった内容でのアトラクションでしたが、

2017年も同じく「シアター」での進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2が登場します!

なんと2017年今年で最後かもしれない進撃の巨人は大混雑します。

そんな毎年大混雑する「進撃の巨人・ザ・リアル 4D-:2」の待ち時間攻略として

参考にしていただき、なるべくスムーズに、そして楽しく見れるようになったらと思います。

2017年で進撃の巨人は終了へ!?

スポンサードリンク

USJクールジャパン2017年で進撃の巨人・ザ・リアルは3度目の登場となりますが、

今回で終了する可能性が高くなっています。

これは人気人気じゃないに関わらずの事ですが、進撃の巨人以外のアトラクションである

「バイオハザード・ザ・リアル」は大人気だったのにもかかわらず「3」で終了となっています。

「エリア」に影響が出にくい「モンスターハンター」は「3」を超えて開催されていますが、

モンハン専用みたいなエリアになっているため、特別と感じています。

また、アトラクションといってもモンハンの場合は「フィギュアの展示」などがメインです。

バイオハザード・ザ・リアルが開催されていた「パレスシアター」も普段は使用しませんが、

表面に面しているために新アトラクションの看板が必要な為、

入れ替わりとして「エクソシスト」「エルム街の悪夢」を開催したともかんがえられます。

と言う事から、エヴァンゲリオンに関してもそうですが、

進撃の巨人・ザ・リアルは「3」にて終わる可能性は十分にあると言えます。

USJ通の方の知人もUSJは3までで終わることが多いのではと予想しています。

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の開催場所について

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の開催場所は「4Dシアター」での上映となっています。

シアターといえば4DシアターなのでUSJの入り口をまっすぐ進むと最初の交差点が出てきますが、

交差点の左奥に大きな建物があり、頭上に「進撃の巨人」という看板があるのでわかりやすいです。

歩いても入り口から徒歩1分で到着しますよ!!

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2

*これは2016年の時のものです。

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2は朝開催!?

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2は4Dシアターでの開催となっていますが、

これと同時に「新アトラクション」である「シンゴジラ」も同時開催となっています。

このことから、「二部構成」でのシアター上映となり、1日の前半後半が分かれます。

2016年での「進撃の巨人・ザ・リアル4D」は「一部目」の朝から昼までの時間帯での上映でしたので、

今回も朝から昼までの上映の可能性が高いと言えるでしょう。

「朝上映」は基本的なスケジュールは、平日「オープン~13時30分まで」が多く、

休日であれば「オープン~14時30分まで」となることが多いです。

逆に二部目である昼からクローズまでとなると平日は「14時過ぎ~クローズ」となることが多く、

休日では「15時過ぎ~クローズ」となることが多いです。

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の混雑予想

スポンサードリンク

進撃の巨人はかなり人気がありますが、2016年の混雑をもとに予想しますと、

朝から昼までという少しだけ短い時間帯での上映と言う事もあり、

混雑はかなりしますが、遅くいってしまった方はすでに並ぶことができない状況にもなりますので、

大混雑しても2時間半程で収まる場合が多いといえます。

これは休日の話で合って、平日ですと「100分」も並ばずに体験できることもあるくらいでしたので、

2017年の進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の混雑具合も「最大200分」と考えると良いでしょう。

大体は「2時間」を基準に考えていただきたいですが、休日はこの「2時間」が終了時間まで続くこともあるので、

人気っぷりはものすごいのです。

ただ、朝からの場合、朝から行くことは前提となりますが、朝の開園直後に関しては

かなりチャンスもありますので、混雑具合を簡単に表すと「9時<10時≦11時・12時・13時・14時」となります。

やはり朝がチャンスなのです。

ちなみにですが、進撃の巨人グッズ売り場にも人は中々いますので、

時間に余裕がある時に見に行くと良いでしょう。

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の待ち時間予想

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2では二部構成のうちの1つとなっていますので、

1日中見られるわけではありません。

だからこそ目当ての方が時間帯を合わせて集中して並ぶので、

待ち時間に大きな影響が出るのは間違いありません。

しかし、休日の待ち時間の影響が大きいと言う事が1つ。

そして「1月~6月まで」という長い期間での「1月」の混雑」は多いと言う事です。

寒いのにかなり混雑するんですよね。

2月の平日ともなれば、朝から行くと20分~30分で体験できますし、

休日でも100分前後で体験できることもあります。

なので、「月」「時間帯」にもよりますが、混雑する日は相当混雑しますし、

混雑しない平日などはかなりスムーズに体験できることもあると言えるのです。

では、早速進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の待ち時間予想を見ていきましょう。

  最低待ち時間 最高待ち時間 狙い目時間
平日 40分 110分 60分~70分
休日 50分 140分 80分~90分
祝日 50分 150分 90分

これは「一部目」と言われる「朝」からのデータですので、最低待ち時間がとても短くなっていますが、

開園1時間もするとすでに「100分」を超える日もあるので、最低待ち時間=開園直後となります。

また、最高待ち時間に関しては、瞬間的な最高待ち時間は表示していません。

瞬間ではもう少し並ぶこともある日が来ることもありますが、大体これくらいの待ち時間となることが多いです。

祝日に関しては「ゴールデンウィーク」も含みます。

ゴールデンンウィークに関しては、最低・最高待ち時間ともに待ち時間に誤差が出やすいですので、

あくまでも参考にしてください。

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2の混雑を避けるには

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2はとても人気がありますので、混雑が予想されます。

また、混雑を避けるにしても「朝」からの一部目の上映となるとやはり

朝からの行動が避けられなくなると言えるのです。

昼前に行くとすでに「受付終了」もありますし、大混雑日は整理券の配布の可能性もあります。

ないとは思いますが、整理券の配布がある日は朝の時点で受け付けは終了してしまう事も大いにありますから、

進撃の巨人・ザ・リアル4D-:2を確実に見るのなら「開催直後」までに並ぶことです。

平日ですと少し余裕がありますので、問題はあまりないといえますが、

朝はゆっくりという方であればエクスプレスパスは必要と言う事は間違いなく言えます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ