USJエヴァンゲリオンXRライドの待ち時間・混雑回避攻略!!


2017年年明け大規模イベント「クールジャパン」がさらにパワーアップして開催となり、

ついに「エヴァンゲリオン」が「ライド」となって登場しました!

それが「エヴァンゲリオンXRライド」です。

USJで人気のエヴァンゲリオンがライドとなれば混雑は相当なもの。

そこで、この記事では待ち時間と混雑回避の方法をご紹介したいと思います!

XRライドは「VR体験」のこと

スポンサードリンク

2016年のクールジャパンでは「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」でしたが、

2017年は「エヴァンゲリオンXRライド」となりました。

エヴァンゲリオンといえばUSJではおなじみのアトラクションで、以前までは「シアター」での劇場体験でしたが、

2017年は「ライド」となって登場ですので、内容問わずどなたでも楽しめる内容になっています。

まず、XRライドというのはどんなものかというと、2016年10月に発売した「プレイステーションVR」でおなじみの、

「VR(ヴァーチャルリアリティ)」というものが搭載されたジェットコースターです。

専用ゴーグルを装着し、コースターに乗り込み、360℃にわたるリアルな映像と共にコースターを楽しむ

これからの時代の定番となる「VRコースター」です。

実際に「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」を体験したときは言葉が出ない程「感動」してしまいました。

本当に「VR」はリアルでてが届くような程の映像を楽しみながらコースターを楽しめるので、

普通に乗るコースターよりもスリリングです。

エヴァンゲリオンに関しても映像は文句なしの映像で、とてもスリルな映像となります。

恐らく、初めて乗る方は「口が開きっぱなし」になるでしょう。

エヴァンゲリオンXRライドの場所

エヴァンゲリオンXRライドの場所についてですが、

以前の「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」と同じく、既存の「スペースファンタジー・ザ・ライド」を使用しますので、

場所は「USJ入り口」をしばらくまっすぐ進むと左手に出てくる「スペースファンタジー・ザ・ライド」の場所となります。

初めての方もわかりやすい場所ですし、入り口付近に行くと、頭上に看板がありますのでわかるかと思います。

エヴァンゲリオンXRライドは激混み間違い無し!!

ライド系のアトラクションは全てにおいて「混雑する」といえます。

しかし、クールジャパンという冬の閑散期において「激混み」と言えるほど混雑するのがこの「XRライド」です。

2016年のきゃりーぱみゅぱみゅXRライドの最高待ち時間はなんと「360分以上」にもなっていました。

これはライド系アトラクションでは上位に入る混雑具合で、

きゃりーぱみゅぱみゅの人気とコースターの人気がマッチして更なる混雑を招いていました。

このことから考えると「エヴァンゲリオンXRライド」の混雑は「朝から夕方」までずっと続きます。

平日だからと「安心してはいけない」のです。

もちろん、平日の方が空いていますし、早く乗れることもありますが、基本は激混みで、

開園1時間で300分という待ち時間になることも大いにありますので注意しましょう。

混雑する原因の真実

相当混雑するといいましたが、それにはしっかりとした原因があります。

それは以下の通りです。

  1. エヴァンゲリオンが人気である
  2. スペースファンタジー・ザ・ライドが人気である
  3. 閑散期は休止中の人気コースターもある
  4. XRライドは「4人乗りではなく2人乗り」である

これらの事が言えます。

エヴァンゲリオンやスぺファンが人気なことから混雑することは予想できますが、

クールジャパン開催中である冬の時期は一定期間の間「人気コースターが休止」となります。

これはすべてではなく、分けて休止し、点検の期間などを設けているためのものなので、

少しの間ですが、人気コースターに乗れなくなる期間があります。

そうなった時には必然的に他のコースターに流れますので、いつも以上に混雑しやすいのです。

そして極め付けが「4人乗りではなく2人乗り」と言う事です。

スペースファンタジー・ザ・ライドは通常

「4人1組(背中合わせ)」が2セットとなり連結して合計8人でコースを走り抜けます。

しかし、XRライドであるきゃりーぱみゅぱみゅの時は「2人×2」となっていたので、

本来なら1時間に2000人ものゲストが体験できるところ、半分の1000人しか体験できなくなっていたのです。

このことが混雑を引き起こす最大の原因とされており、エヴァンゲリオンXRライドが混雑するのもこの

「4人乗りではなく2人乗り」という点がまさに混雑の元凶なのです。

エヴァンゲリオンXRライド待ち時間予想

スポンサードリンク

先ほども言いました通り、「エヴァンゲリオンXRライド」は大混雑します。

その混雑具合は「フライングダイナソー」以上ともいえるでしょう。

なので、朝からゲストで溢れかえります。

もちろん、混雑はずっと続きますから、夜空いてから行こうかなどとは言えない状況となります。

では、待ち時間予想を見ていきましょう。

  最低待ち時間 最高待ち時間 平均待ち時間
平日 80分 230分 130分
休日 160分 360分

220分

祝日 160分 360分 220分

あくまでも参考程度に見ていただくようお願いします。

ただ、2016年の「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」に関してはこれくらいの混雑となっています。

なので、人気のあるエヴァンゲリオンXRライドの場合、同等の混雑があると考えられます。

また、最低待ち時間に関してですが、「オープン直後」に関しては数十分も考えられますが、

オープン1時間以内に「200分」「300分」と加速していきますから、これくらいの待ち時間と考えていいでしょう。

最高待ち時間に関しては「瞬間」の最高待ち時間ですので、これらの数字が継続して続くわけではありません。

混雑を回避する方法は1つのみ!!

このエヴァンゲリオンXRライドを体験するにはかなりの待ち時間を並んで体験するというのが

通常の体験の仕方ですが、混雑を避けて体験するにはこの方法しかありません。

それは「朝早くから行くこと」のみです。

原始的なのですが、これほど混雑するXRライドは開園直後から一斉ダッシュで待ち時間がどんどん加速してきます。

開園15分で100分程になっていてもおかしくない日も出てくるでしょう。

となると、開園と同時にUSJの中に入れるくらい「朝にUSJにいる事」が大事です。

朝と言っても開園30分前後にUSJにいては遅すぎます。

最低1時間前にはUSJのゲート前で寒さを耐えながら待ちましょう。

1時間前から並んでいれば、休日でも待ち時間80分程で体験できる可能性もありますし、

平日だと40分程と言う事もあります。

なので、最低1時間前には「USJのゲート前」にいる事です。

それ以外の方法は無料ではほぼありません

平日だと夕方以降の少しだけ空いた時間に体験できることもあるので、

夕方以降の待ち時間を見ながら並ぶという方法もありですが、

休日ですと「夕方ごろ」にはすでにクローズとなります。

待ち時間300分ともあれば、300分=5時間ですから、

夕方には並び列への入場を不可にしないとUSJを閉園することができません。

なので、夕方で300分ともあれば夕方以降は並べない可能性が大ですし、

並べても閉園間際に体験できるという地獄のようなコースとなりますので、

休日であれば「朝早くに行って並ぶ」という方法以外はありません。

ただ、「エクスプレスパス」という有料チケットの購入や「アーリーパークイン」という

JTB経由でのオフィシャルホテルの宿泊特典にてエヴァンゲリオンXRライドを簡単に楽しむことは出来ます。

しかし、通常は何もなしで長い待ち時間を待つ人ばかりでしょうから、

そういった方々にはキツイお話しですが、「朝から並ぶ」ほかありません。

エクスプレスパスで時間を購入するのが1番手っ取り早く楽しめます。

エヴァンゲリオンXRライドは相当混むので用心

人気のコラボですし、システム上混雑することは確定しています。

ただ、上記の通り平日だとチャンスはある事や、エクスプレスパスやアーリーパークインを利用すると

範囲は広がりますので、通常列で待たれる方は朝から行き、1番最初の待ち時間が少ない状態で

エヴァンゲリオンXRライドを楽しむとそれ以降の行動範囲がかなり広がりますので、

混雑するアトラクションから先に体験していきましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ