USJエヴァンゲリオンXRライドは酔う?子供の身長制限と怖い度!!


USJのクールジャパンで大好評の「エヴァンゲリオン」シリーズ。

2016年までは「シアター」での体験でしたが、

2017年にはなんと「VR」とコースターのコラボでの「XRライド」として登場しました!

しかし、このエヴァンゲリオンXRライドはいくつか注意点があります。

今回は「子供の体験・身長制限・怖さ」について触れていきます。

待ち時間が長いだけに、ひたすら並んでやっぱり乗れないなんてことにならないように

参考にしていただければと思います。

VR搭載のXRライドは酔う!?

スポンサードリンク

VRとのコラボにてアトラクションを体験するエヴァンゲリオンXRライドですが、

VRは人によっては合わない方もいます。

最近はゲームで体験している方もいますので、ゲームで酔わなければ間違いなく問題はないです。

しかし、体験したことのない方には未知の世界ですが、

車酔いというよりは映像+回転酔いと言える酔い方です。

スペースファンタジー・ザ・ライド自体が回転しながら降下したりするので、

酔いやすい人には酔いやすいとも言われています。

XRライドの場合は「2人乗り」で、ゴーグルを装着しての体験なので、

あまり回転している事を感じられませんでした。

普通のスペースファンタジー・ザ・ライドに乗ることができれば問題ない方も多いかと思います。

前回の「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」では「酔った」という人も一定数いましたが、

もしも前回のきゃりーぱみゅぱみゅXRライドで問題が無ければ大丈夫といえます。

他のアトラクションである「スパイダーマン4K3D」や「バックトゥザフューチャー(今はない)」に乗ったことがあり、

酔わなかったという方であれば問題ないと言えるレベルです。

私が初めてXRライドを体験したときは映像に感動しすぎて見惚れてしまい、

酔う酔わないと言う感覚にもならずに興奮しながら終わったのを覚えています。

本当にグラフィックや演出に見惚れてしまうほどですよ!!

怖さレベルはどれくらいなのか

エヴァンゲリオンXRライドではVR映像と共に屋内をコースターが暴れまわります。

実はこのVR、映像がリアルで本当にコースターに乗っている映像が流れ、

コースターがドロップ(落ちる)時には映像もしっかりと落ちるように作られています。

映像では使徒が追ってくるなどの迫力の映像がありますが、

映像では前は道があるのにいきなり崩れて足場が無くなり急降下なんてパターンが多いです。

大体は「崩れ落ちる=いきなりコースターが急降下」という図式です。

本当に映像に見惚れていると「いつ落ちるのかわからない」ので、

体の感覚的に「少し上がっているな」とかんじたらそれは落ちる手前と言う事を頭に入れておけば、

いきなりの急降下に対しても対応でき、怖さもそこまで気にする必要はありません。

ただ、私はジェットコースターが苦手という友人と体験した際、

ドロップ(落ちる)は少し強めに感じたと言っていました。

通常のスペースファンタジー・ザ・ライドでは落ちるところを目視出来ますが、

落ちると言ってもほんの1秒~2秒程度が数回なので、屋外にあるジェットコースターのような

急降下はありませんので、苦手な方でも乗りやすいとはいえますが、

エヴァンゲリオンXRライドのように「映像」が加わると「いつ落ちるのかわからない」という感覚が

怖さを表現しているので、スペースファンタジー・ザ・ライドよりは怖さレベルは高いといえます。

スリリングという言葉が合っているでしょう。

もちろん、屋外にある「フライングダイナソー」「ハリウッドドリーム」「フォービドゥンジャーニー」に比べると、

怖さレベルなどは低めとはいえますが、新しい感覚を味わう事が出来るのは

このエヴァンゲリオンXRライドだけです。

子供は無理!?身長制限について

スポンサードリンク

スペースファンタジー・ザ・ライドをはじめ、「ライド系」のアトラクションは身長制限があります。

このエヴァンゲリオンXRライドは「スペースファンタジー・ザ・ライド」と同じ場所、

同じ乗車条件となりますので、身長制限がキツめに設定されています。

前回の「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」では、

開催当初は「1人/122cm以上」または「付き添いあり/102cm以上」だったのですが、

いきなり身長制限の変更が加わり、付き添いがいても122cm以上となりました。

エヴァンゲリオンXRライドもこの変更後の一律122cm以上の身長制限となります。

身長が足りなそうなお子さんの場合は、あらかじめ計測できますので、

しっかりと「厚底」などのかさ増しをせずに計測してOKを貰いましょう。

また、子供に関しては「VR」の操作についてもしっかりとできなければ

100%楽しく体験することができません。

乗車前にクルーにVR機器を渡されますが、この際に説明を受けます。

その説明は「VRの設定方法」です。

一応、乗車する少し前位から説明書を渡されますし、スタンバイ列から見られる頭上にあるモニターにて

VRの説明をしてくれていますので、大体の方は問題ないのですが、

VRを装着したら「目の間(眉間みけん)」にある映像の補正をしなければなりません。

装着直後は「周りがぼやけて何も見えない」という状態から始まることがほとんどです。

なので、眉間にあるダイヤルを回し、しっかりと周りが見える様に設定してから体験となりますが、

乗車して10数mの距離の間で設定しなければならないので、たっぷりと時間があるわけではありません。

また、スタッフが設定してくれることはない(ダイヤルは回してくれる)ので、注意が必要です。

なので、お子さんや身長制限をギリギリOK出来るくらいのお子さんはしっかりと説明を聞き、

焦らずに落ち着いて確実に設定することが重要です。

大人でも注意が必要

子供の身長制限や怖さ、酔う事に関して注意して乗車するのはもちろんですが、

大丈夫だろうと自身の限界を越えての乗車は控えましょう。

想像以上に映像とコースターのコラボは迫力があり、

スペースファンタジー・ザ・ライドとは全く違うアトラクションとなります。

スぺファンが乗れるからと言う事であれば乗れますが、

違う酔い度と怖さ(スリル)が待っていますので、楽しめるような体調や気持ちで体験することをオススメします。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ