USJハロウィン2016ハリーポッターエリアのデスイーター等の攻略!


USJの人気エリアである「ハリーポッターエリア」にて2016年のハロウィンに、

ついに「闇」となるデスイーターが登場します。

今までハロウィンホラーナイト期間であっても何も変わらずのハリーポッターエリア。

ゾンビが入ってくることもありませんでしたが、

2016年はハリーポッタエリアでもゾンビならぬデスイーターが登場!

これでハリーポッターエリアにもハロウィンらしい深い闇に包まれて、一層楽しみが増します。

この記事ではハリーポッターエリアのハロウィンイベントである「デスイーター」などの詳細についてご紹介しています。

ハリーポッターエリア2016のハロウィンイベントは熱い!

スポンサードリンク

昼と夜で2部構成となった2016年のハリーポッターエリア。

2015年までのハロウィンホラーナイト期間はハリーポッターエリアとユニバーサルワンダーランドのみ

ゾンビの出ないセーフティゾーンでしたが、2016年は違います。

ゾンビはゲストがゾンビのコスプレで入場する以外はゾンビを見ることは無いですが、

その変わり、待望の「デスイーター」が登場します。

デスイーターといえば、ハリーポッターの中では「悪」な存在のもの。

これによって2016年のハリーポッターエリアは通常よりも楽しみを増した内容となっています。

昼は「10:00~16:00」までの間で「マジカル・トリック・オア・トリート」が開催されます。

これはハリーポッターエリアの一部「ホグズミード村(入り口すぐのエリア)」にて、

タルなどが設置されているポイントがありますが、ここに並び、呪文を教えてもらい、

その呪文通り唱えるとタルから飴(アメ)が出てきて、その飴を貰う事が出来るというイベント。

これは年齢制限があり、小学生以下のみの対象となります。

親が付いて呪文を唱えるような形となります。

2016年から開催されている「ワンドマジック」と同じようなものなので、簡単に楽しむことができ、

なおかつアメも貰えて子供が喜ぶイベントとなっています。

なので、昼は子供がメインに楽しめて、夜は大人がメインに楽しめるハロウィンイベントになっています。

デスイーターのホラーレベル

USJハリーポッターデスイーター

デスイーターはUSJのストリートゾンビと同様、ハリーポッター内でのゾンビ役。

いわば、闇(ホラー)の世界を作り出す元凶となるものですが、実際にはホラーではありません

ハロウィンホラーナイトに合わせて闇となる暗い演出をするためのもので、

実際には襲われると言うレベルの事はないといえます。

あくまでもホラーを楽しみたい方はホラーナイトに行くしかありません。

2015年の時から、ホラーナイトとしてユニバーサルワンダーランドとハリーポッターエリア以外にゾンビは出現するのに、

どうしてハリーポッターには「ディメンター」や「デスイーター」などは出ないのかという声が多かったのは事実です。

そんなこともあり、2016年にやっと実現したという事になります。

ただ、闇演出になるということはあるでしょうから、雰囲気はいい感じの闇となります。

デスイーターが村で大暴れ!?

USJハリーポッターデスイーター

ホグズミード村に出てくる複数のデスイーター。

映画ではマルフォイやベラトリックスらが有名ですが、これら複数のデスイーターが魔法界を荒らすようです。

ホグズミード村は比較的広いのですが、このホグズミード村にて複数で死喰人として襲い掛かるイベント。

闇の魔法「アバダケダブラ」などを例とする呪文を使用し、村を支配しにかかるといった内容のようです。

なので、18:00以降に村にいる事が出来れば、どなたでも闇のウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターを体験できます

ちなみに、自身が杖を持っているから何か出来るわけではありません。

夜6時前に入場しておくと良い

このデスイーターが登場する期間はUSJパーク内の最大イベント「ハロウィンホラーナイト」と同時開催です。

なので、ホラーナイトを楽しみたいという方も多いかと思います。

そんな方は18時開催のデスイーター・アタックに合わせて入場するのではなく、

30分早めの「17時30分」に入場すると良いでしょう。

18時までの30分の間にハリーポッターエリアを普通に楽しみ、18時からは闇のハリーポッターエリアを楽しむ。

少し楽しめたら、あとは戻ってホラーナイトを楽しむようにすると、時間効率も良いでしょう。

なので、ハリーポッターエリアには17時30分をめどに入場することをオススメします。

もちろん、それ以前からいても大丈夫ですし、ホラーナイトなんてあまり興味の無い方は18時から入場してもOKです。

ハリーポッターエリア整理券攻略

スポンサードリンク

このハリーポッタエリアには整理券が必要になります。

場合によってはフリー入場となることもありますが、

基本的には整理券を入手して、指定時間に入場するという形となります。

整理券には時間指定をすることができ、早い者勝ちで自身の好きな時間を指定することができます

USJハリーポッターデスイーター2

しかし、良い時間帯は開園後すぐになくなっていくので、18時からのデスイーターを狙うのなら、

時間しては17時30分ごろ~クローズ間際までの時間はすぐに無くなると予想されます。

なので、デスイーターを楽しむ為の整理券攻略は「朝から行く」しか方法はありません

しかし、他にはエクスプレスパスやJTBを通じての入場確約券を入手することはできますが、

18時に合わせた時間帯の入手は難しいのが現状です。

なので、やはり手っ取り早いのが、朝からUSJに行き、真っ先に自身の好きな時間帯の整理券を入手するほかないでしょう。

整理券に関しては、代表者1人が人数分の1日券や年間パスなどを持ち、機会にて発行できる仕組みです。

子供が楽しめる「マジカル・トリック・オア・トリート」は簡単に楽しめますが、

デスイーター・アタックが始まる18時からの整理券の入手は難しくなるでしょう。

開園よりも1時間前にUSJに着いて並んでいれば、基本的には自身の好きな時間帯での整理券を入手できますから、

出来れば開園1時間前を狙いましょう。

平日であっても30分前には着いていたいところです。

「マジカル・トリック・オア・トリート」「デスイーター」両方楽しむには

ハリーポッターエリアでのハロウィンイベントである「マジカル・トリック・オア・トリート」と「デスイーター・アタック」ですが、

これらを両方楽しむには、最低でも3時間はハリーポッターエリアにいないといけないので注意が必要です。

というのも、「マジカル・トリック・オア・トリート」が終わるのは「16時」で、デスイーターが始まるのは18時。

2時間の空白の時間が生まれますが、この時間の中で1度退場してしまいますと、二度と入場することは出来なくなってしまいます

整理券を2枚持っていたりすると別ですが、1枚しかない場合で、どちらも楽しみたい場合は、

ずっと滞在しておくほか方法はないのです。

なので、整理券1枚でどちらも体験したい場合は「15時半~」の整理券を入手すると、

滞在時間が1番短く、なおかつどちらも楽しめる様になります。

まとめ

ハリーポッターエリアでは初めてのハロウィン仕様となり、やっと闇が存在するようになりますが、

どなたでも体験できるホラーとはまた違う要素なので、1度は体験したいものです。

また、時間が18時からという指定があるので、上記の事を参考に整理券の入手をしてみてください。

すると、満足できる内容となるでしょう。

スポンサードリンク

USJハロウィンホラーナイト2016情報!!

・USJハロウィンホラーナイト2016を無料攻略!!

・USJハロウィンホラーナイト2016のエクスプレスパス攻略!!

・USJのハロウィンでオススメのコスプレ厳選しました!!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ