USJのハロウィン時期9月・10月の気温と服装対策!!


USJ9月10月ハロウィン服装

日本全国からファンが押し寄せる大阪最大のテーマパーク「USJ」。

特にハロウィンは大人気で、1年で最も来場者の多いシーズンとなります。

しかし、USJに行きたいけどハロウィン時期の服装がわからない方も多いでしょう。

そこで、この記事ではハロウィン時期にUSJを訪れる際の気温と服装対策についてご紹介したいとおもいます!!

管理人である私は何度もUSJのハロウィンを経験していますから、参考になるかと思います。

USJのハロウィン時期はかなり難しい

スポンサードリンク

USJのハロウィンホラーナイトが始まるのは9月からで、終わるのは11月初旬が多い。

2016年を例に出してもそのようなスケジュールとなっています。

しかし、9月と10月では気温差に結構な差が生じます

また、コスプレをしている方に関しては、肌の露出をされている方は特に難しく、

コスプレをしているのにも関わらず、ブルブル震えている人を見かけることも多いです。

これはコスプレをする方に限っての話ではありません。

日中は気温が上がることも多い季節なのですが、夜はひんやりとすることが多いのもUSJの特徴です。

USJは特に海が近い事もあり、浜風などもあるために体感温度が低めとなることも多いです。

9月のUSJでの気温と服装

USJ9月10月ハロウィン服装2

*これは9月中旬の時の画像です。

基本的に9月はまだ服装は楽です。

遠方から行くという方にとってはかなり暑く感じる方もいるくらいで、

日中は30℃を超えることもあります。

なので、基本的には夏の服装で十分でしょう。

夜になると若干気温が下がり、25℃を下回ることもあります。

しかし、大阪よりも寒い所に住んでいる方であれば、そのままの服装で十分過ごせますが、

暑い所に住んでいる方は若干涼しさを感じることもあり、七分袖やシャツなどを着ても問題ありません。

基本的にはそのまま夏の服装で過ごしましょう。

女性は冷え性の方などに関しては夜は若干冷える日も出てきます。

10月に近づくにつれて気温は徐々に下がっていきますから、腕まで覆える服装を持ち込むと良いです。

なので、本当に寒がりであればワンピースにカーディガンなどを合わせるのも良いですが、

そこまでの気温にはならないと言えるでしょう。

◎9月まとめ

  • 気温は夏と同じくらい暑くなる
  • 夜は少しだけ寒くなることもあるが、基本的に夏の服装で十分
  • 寒がりの方は夜の為に薄いカーディガンやシャツなどを着るだけで十分

10月のUSJでの気温と服装

スポンサードリンク

USJ9月10月ハロウィン服装

*これは10月下旬の時の画像です。

10月に入るとやや気温は落ち着いてきます。

それでも、10月初旬から中旬くらいまでは30℃を超える日もたまにあるくらいですが、

気温程日差しは強くはないので、完全夏の服装はほとんどいません。

10月中旬を過ぎると日中は確かに少し汗ばむこともある程度の気温で、

27~8℃程あることもまれにありますが、基本的に10月に入ると服装は少し厚めのアウター(パーカー等)を着る方が多いです。

しかしここで注意なのは、「脱げる服装にしておくこと」です。

11月に入るころまで暑い日では「歩いていると汗ばむことがある」ので、Tシャツで歩いている方もいる事はいます。

しかし、そういった方でも簡単に脱げるアウターを着用し、中はTシャツ又は七分袖にするべきです。

また、11月に入るころ(ハロウィンに近い日)ともなれば、暑い日は日中は軽く汗ばむこともあるといいましたが、

夕方からは冷え込むことも多いです。

しかし、北海道から観光に来た友人によると、北海道民にとっては寒いと感じることは無かったようです。

とはいえ、管理人の私は関西住みなので、かなり冷えて寒い日が多かったです。

特に夕方のUSJは冷え込みが強くなり、夜になるとライダースを着て耐えられる程になります。

夜は20℃を下回ることも多いので、寒がりの方などであれば、11月に近い日であれば、

ライダースやニット系などを持っていくと良いです。

どちらにせよ、日中は暑くなることもありますので、羽織れる服を持ち込むと言う事は絶対条件と言えます。

ハロウィンの為にコスプレをしている方の中にはコスプレをしているのにタオルを体に巻いて寒さをしのいでいる方もいます。

11月の初旬まではハロウィンのイベントが行われますが、11月も同じく、夜の冷え込みがありますので、

10月と同じと思っていただければ問題ないでしょう。

◎10月まとめ

  • 10月初旬~中旬の日中は暑くなることも多めだが、夜は若干冷える。
  • 10月中旬~下旬(ハロウィン含む)でも日中は暑くなる日もあるが、夜は冷えることが多い。
  • 暑いと言っても30℃未満で、パーカーなどのアウターを着ていて汗ばむ人がいる程度。
  • Tシャツの人はいる事はいるけど、基本的にはカーディガンやパーカーなどのアウターは必要。
  • いつでも脱げるアウターを持っていく(着ていく)こと。
  • 夕方からの冷え込みはハロウィンに近づくほど強くなる。
  • 暑い場所に住んでいる人は寒いと感じることが多い。
  • 北海道民は薄いカーディガンで十分だったと言っている。
  • コスプレをしている人は夜はブルブル震えている人も多く、タオルを体に巻いている人もいる。
  • 男性は暑がりは薄いかーディンやシャツで、寒がりはライダース系で過ごせる。
  • 女性は基本的に薄着ではキツイと感じることも多いので、ニット系などでも良い(少し暑いと感じる時間もある可能性あり)。

必ず簡単に脱げて対応しやすいアウターを持っていく事

USJは風も適度にあることも多く、過ごしやすい日も続きますが、

当然、日中は陽が強いこともあり、汗をかくこともあるので、軽めのアウターを脱いで対策。

逆に夕方ともなれば浜風が冷え込みを加速させる日も出てくるので、

厚めのアウターなども準備しなければいけません。

ただ、それらは9月・10月によっても違いますし、10月の初旬・10月の下旬の違いも大きいです。

なので、上記のことを参考に服装選びをしていただければと思います。

せっかくのUSJハロウィンホラーナイト楽しめる様しっかりと服装対策しましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ