USJホラーナイトのエルム街の悪夢フレディは怖い?時間は短い?


2015年も新たに複数のアトラクションが追加され、

今までで1番多いホラー要素万歳となっているUSJのハロウィンホラーナイト。

このハロウィンホラーナイトではホラー映画で

知られる有名どころが一斉に集まってきている。

その中でも、2014年のホラーナイトで出現した「ジェイソン」の

ライバルでもあり、世界中に恐怖を与えている「フレディ」が出現する

「エルム街の悪夢」がウォークスルーアトラクションとなって登場しています。

そんなフレディが出てくるエルム街の悪夢という恐怖のアトラクションは

2015年より初めての登場となりましたが、

やはり初登場と言う事でどれほどのもので待ち時間などは長いのか気になると思います。

と言う事で、その辺についても触れていきますし、

子供などでも入場は可能かなどについても触れていきます!!

スポンサードリンク

子供は狙われるから入れない!?年齢制限は?

子供7

ジェイソンは無差別に狙うのに対して、フレディは人生経験の中で

子供を狙うと言うのがフレディの特徴ですが、

このウォークスルーアトラクションとなっている「エルム街の悪夢」では

子供は入れず、年齢制限はあるのでしょうか。

結論から行くと、「年齢制限はある」と言う事です。

では、何歳までは入れて何歳までが入れないのかと言う事ですが、

小学生以下は禁止となっています。

小学生以下というのは小学1年から6年生までも対象となっているので、

小学6年生で12歳だとしても入る事は禁止です。

中学生になれば入ることができるというのがこの小学生以下は禁止と言う事です。

正直、12歳であればもはや小学6年生か中学1年生までかまでは見れないので、

入ることは出来るでしょうが、

何かあった時に責任はすべて自身(保護者・親)の責任となるので、

万が一を考えやめておいた方が良いです。

これは「フレディ」が子供を狙うというのに

掛けているなどと考えてしまいたくもなりますが、

全く関係なく、怖いというのと少し過激要素がある

と言う事で規制をしているだけです。笑

たまたまうまく掛かっているだけですね。笑

だからと言ってアトラクションに入って子供ばかりが狙われると言う事なども

無いので、そこら辺は安心できるとは思いますが、

みんな平等に恐怖が味わえるので、

安心できるとは言えないかもしれないですね。笑

怖さはトップクラス!?

エルム街の悪夢

やはり恐怖を味わうためのUSJのハロウィンホラーナイト。

怖くなければ意味がないと言っても過言ではないですが、

公式ではこの「フレディ」が出現する

「エルム街の悪夢」はレベルがほとんど最高レベルの4

と言う事は間違いなく怖さは怖いことがわかる。

前年の2014年でホラーレベルがMaxだった

「チャッキー」と今回は同レベルのホラー度4と言う事で、

かなりの恐怖が待っていると言えます。

もちろんチャッキーとは全く違うホラーなのですが、

同じくウォークスルーアトラクションですし、

体験方式も同じく1グループ8人ほど

入場するでしょうから内容以外は同じと言えますね。

ですが、フレディの襲い方は特殊で、

夢の中では自由自在に操ることができるというもの。

移動なども瞬間的に出来るという事から、

不意に後ろから襲われたりもしますし、フレディの見た目も怖いというのがあり、

チャッキーとは違う恐怖が味わえます。

映画では少し過激要素も多かった「エルム街の悪夢」なので、

それを再現するには少しばかり過激になってしまいますので、

上にもあるように子供だけでなく、

怖さなどに弱い方なども控える方が良いと思われる位のアトラクションになっているでしょう。

まだ複数人で入る場合は怖さは半減するので、多少マシとも言えますが。笑

また、「エルム街の悪夢」定番の唄もあり、これもこのアトラクションの見物となりますね!!

スポンサードリンク

待ち時間と所要時間について

時間2

ここが気になるところですが、

2015年にて初めて登場したウォークスルーアトラクションです。

なので、どれほどの待ち時間が出るかというのはあまり想像できないと思いますが、

大体の傾向はわかります。笑

まず最初に所要時間からお話ししますと、

今回のウォークスルーアトラクションは

ほぼ全て10分位の時間でアトラクションは終わります。

10分掛からないとも言えますね。

また、上にもあるように1グループは8人ほどで回ることになるでしょう。

恐怖度でいえば1グループ2人などのほうが圧倒的に怖いとは思いますが、

多くの人が楽しみにしている以上素早くなおかつ多くの人を要れないと

1日に体験できるゲストの数が限られてしまいますので、

仕方がないと言えます。

では、待ち時間はどのようになるのかというと、

さすがに2015年から始まったアトラクションですので、決して簡単には入れません。

少なくとも60分から120分の間を行き来することになるでしょう。

平日ではもう少し空いてくると思いますが、

それでも昼間のピークは100分以上になることが多いでしょう。

最大のピーク時では150分は越えてくると思うので、

表示されている待ち時間に応じて自身のプランを考えると良いでしょう。

およその平均待ち時間は50分ほどと考えるのが良いです。

ホラーナイトのウォークスルーアトラクションは昼の12時から開始となるので、

チャッキーみたいに12時ちょうどに並べば

ほとんど待たずに入ることができる可能性があります。

夕方以降はチャッキーよりも待ち時間は減少するでしょう。

なぜかというと、12時の時はチャッキーと変わらないとは思いますが、

夕方以降は中には帰る人が現れますし、夜にはもっと減ります。

ホラーナイトを楽しみたい人が残って楽しむでしょうが、

「エルム街の悪夢」のエリアから見ると、入り口よりもかなり離れているので

なるべく早く帰る人などにはこのアトラクションは対象とならないこともあります。

その点から見ても、「エルム街の悪夢」よりは入り口に近いアトラクションである

「チャッキー」よりは夕方以降の待ち時間の減少もあるでしょう。

また、チャッキーのホラーファクトリー2の記事でも言っていますが、

USJのホラーナイトによるアトラクション全般、表示されている待ち時間よりも

比較的早く入ることができる可能性が高いです。

表示待ち時間よりも1時間ほど早く入れたと言う事もあるようですから、

待ち時間が絶対とは言い難いでしょう。

ですが、混雑するのは間違いないので、余裕をもって行動することが大事です!!

まとめ

2015年のUSJハロウィンホラーナイトは今までとは比較にならない進化し、

アトラクション数も増えていることから、楽しめること間違いないでしょう!!

ただ、どのアトラクションもホラー要素・過激要素はあるので、

年齢制限や注意事項を守り、怖さを楽しむことも大事です!!

スポンサードリンク

エルム街の悪夢のネタバレはこちら!!

↓ ↓ ↓

エルム街の悪夢のネタバレ・感想について

USJハロウィンホラーナイトについての記事はこちら!!

↓ ↓ ↓

バックドラフトの貞子ver2015について

スペースファンタジーの貞子ver2015について

ターミネーターの貞子ver2015について

バックトゥザフューチャーの呪怨ver2015について

チャッキーのホラーファクトリー2について

エイリアンVSプレデターについて

最恐と言われる「トラウマ」について

ストリートゾンビについて

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ