USJのホラーナイト・エルム街の悪夢の感想とネタバレについて!!


こちらの記事では2015年のUSJハロウィンホラーナイトにて新しく登場した

ウォークスルーアトラクションである「エルム街の悪夢」の

感想とネタバレに関して書いた記事となっています。

興味があるけど怖くて入れないという方などがいるために

今回は感想と簡単なネタバレをしていこうと思います。

2016年の「エルム街の悪夢2」に関してはこちらにて情報を提供しています!!

「エルム街の悪夢2のネタバレ&感想!!」

まだ、何も知らない方はこちらの「エルム街の悪夢は怖い?」

記事を見ていただけるとわかるかと思います。

この記事はもちろん内容が含まれているため、閲覧は自己責任でお願いします!!

スポンサードリンク

エルム街の悪夢は6人構成!!

この新アトラクションとして登場したフレディが主役の「エルム街の悪夢」。

これはウォークスルーアトラクションとなっているため、

団体での行動となります。

所要時間はおよそ8分程度だったと思います。

このグループ編成は並んでいる列で決まり、6人での構成となります。

6人に分けられたら皆が離れないように手に白くて長い布を持ちます。

SJ

これで6人1列で入場していくことになります!!

先頭と後ろはもちろん恐怖度でいえば最恐です。笑

一応、アトラクション中はこの白い布をもってみんなで進みますが、

中で立ち止まらないようにという注意があるので、それは最低限守りましょう!!

いよいよスタート!!

IMG_5463

の前に、クルーからこういった伝言を残されます。

この中で起きているのは、ナンシーの夢の中での話

夢の中で恐怖と戦っているナンシーを見つけたら、

皆で「ナンシー起きて!!」と叫ぶようにと言われてスタートとなります。

そしていよいよ中に入ると、結構暗めです。

その暗い中で最初に目に入るのはおそらく右側にあるノイズの入ったテレビ

これに気を取られていると・・・

特に何もありません。笑

こうやって恐怖をあおっていきます。笑

この部屋はいわゆる「ルーム」となっており、くつろぐ為の部屋といった感じです。

壁には妙な絵が飾ってあったりもして緊張が高まります。笑

そして、奥に進んでいきます。すると早速フレディさんの登場。笑

ここからは道が細くなり、1列でやっとの道もあります。

1列と言っても左右交互に並ぶような形です。

最初はフレディも顔を出すだけだったのがほとんど毎部屋登場するようになります。

しかも前からの恐怖よりは後ろからの恐怖がヤバイです。笑

ほとんどが後ろからっていう印象でしたね。

後ろから音がしてクリーチャーが出現し、追いかけてきます。笑

怖いのが苦手な方は後ろは見ないで、淡々と進んでいきましょう。笑

後ろを見ると、怖さだけが倍増するだけです。

列で行動しているので、

早くは進めないので追われていることがかなり苦痛になりますよ!!笑

そしてどんどん進んでいくと、壁からとうとう全身が見えるフレディ登場!!

フレディは鋭い爪を付けているのですが、

その爪を広げると同時に「シャキン」という効果音もなります。

この演出がたまらなくドキドキさせますよ!!笑

もちろん道が狭いので、間近を通らなければいけません。

目も当然合いますよ!!

ただ、襲ってくるといった感じではありませんでした。

その効果音と爪を広げてビビらせる感じですね。

そうやってビビらせた後にはお約束の背後攻撃!!

後ろから襲われます。これほとんど毎回来ますからね!!笑

後ろの人は精神的にやられると思います。

ただ、グループとグループの間隔が狭くなると前のグループまたは後ろのグループと

一緒に行くような形になります。

6人グループが1列で2つ連なるといいう事です。

こうなると1番後ろの方は自身より後ろのグループの前者が

ほとんど背中にくっついた状態で進んでいくので、

後ろから襲ってくる効果音のみで怖さはそこまでありません。

逆に前の方も同じく自分よりも前のグループが詰まっていて

連結していくことになることもあるので、

そうなった場合は怖さは半減します。

襲われる事もほとんどないし、前のグループが一緒になったことで

先に演出が見えることがあります。笑

こうなることも少なくないと思うので、

こうならないようにゆっくりと落ち着いて歩くことが大事です。

すると演出通りの動きを見ることができるので、試してみてください。

もっと先に進んでいくと、フレディはどんどんエスカレートします。

フレディは等々壁の中でなく、実際に飛び出してきます。

途中、人間を自身の爪で刺して天井に持ち上げて楽しんでいます。笑

ここの真横を通らないとダメなのですが、かなりビビりますが

何もなかったです。

他にも3Dの映像を使ってフレディの顔をリアルに見れる部屋もあります。

この映像はかなり綺麗でしたよ!!

また、小さい小細工もあり、壁に飾られている絵が崩れ落ちるなどもあります。

そんなこんなで、ドンドン進んでいきますが中々終わる気配がしないんです。

これは夢の中だからなのか。笑

すると、いよいよベッドに横たわっているナンシーらしき女の子が寝ています。

この時に皆大声で「ナンシー起きてーーー!!」と叫びます。

すると呪縛から解放され、ナンシーは無事助かったといったところで出口のドアを開けます。

すると最後の最後に・・・!?

といった感じです。笑

 

ここでは出来る限り覚えている部分をただただ書いてみましたが、

間違っている部分や足りない部分もあるかもしれません。

これは後ほど修正追加します。

スポンサードリンク

感想

IMG_5464

このアトラクションは正直2015年のUSJホラーナイトで1番の怖さではないかと思います。

このアトラクションだけ紐をもって6人という人数で進んでいく形になりますし、

「エルム街の悪夢」だけ異様な静けさがあって正直怖いのが好きな方でも

比較的ビックリしやすいと思います。

特に後ろから狙われるのが多いので、

列の最後方となった方は怖いのが苦手であれば「無事」を祈ります。笑

また、小さい小細工も絶妙でここで出てくるんじゃないか?というタイミングで

絵画がずれたり効果音があったりと演出もよかったです。

このアトラクションは真ん中の方は楽しめないのかというとそうでもなく、

真ん中付近の人は絶妙なタイミングでフレディに近づかれるので、

真ん中も真ん中で油断大敵です。笑

アトラクション自体は10分も掛かっていないはずですが、

やはり怖かったからか、中々終わらないな~といった感じになりました。

内心早く終わってほしいほどの恐怖と戦っていたのかもしれません!!

また、前と後ろのグループが近くなる事も考えられます。

こうならない為にもゆっくりと落ち着いて歩くことが大事です。

早く行ったり、立ち止まると演出の見え方が変わってきますので

怖さも半減します。

なので、まずは紐を離さず、ペースはゆっくり一定の速度で歩く。

最後のベッドに横たわっているナンシーにしっかりと声を掛ける。

これが1番怖く楽しむことができる遊び方と思います。

実際にチャッキー等よりも怖さは怖かったですし、面白さもありました。

これを読んでいけそうだとしたらチャレンジするのもアリだと思います!!

ただ、女の子で泣いている方もチラホラ見かけたので、

本当に怖いのが苦手であれば、控えた方が良いかもしれません。

10点で例えると、怖さはレベル4ではなく6位あります。

面白さは7くらい。

待ち時間も6くらい。

カップルオススメ度は5くらい。

女性同士のオススメ度は5くらいです。

1人で入っても結局は誰かとグループで入ることになるので、

何人で入ろうが怖さにはあまり支障はないでしょう。

これでビビらず大丈夫なら、このUSJには怖いものないかもしれません!!

スポンサードリンク

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ